INFORMATIONお知らせ&更新情報

モンテッソーリ教具のご紹介 №.5

Fiore Montessori Internationalでは、皆さまにモンテッソーリ教育の内容についてご理解を深めていただけるように、教具の紹介とFiore Montessori Internationalでの活用の姿をお知らせしています。
ぜひ、ご覧ください。

 

今回は、「お家にある物でもできるモンテッソーリ教具」をご紹介します。

まず、水差しとタオルを用意します。
水差しでなくてもシンプルなガラスのコップでもOKです。
タオルはお子様の手に合うサイズが良いでしょう。

水を適量垂らし、それをタオルで丁寧に拭く。

ただこれだけです!

単純な工程ですが、子どもたちはこの、
「水を垂らす」=“water spilling”
「タオルで拭く」=“wiping”
ということが楽しく、大好きで夢中になってやるのです。
お仕事なのです!

 

 

動画のAfter classのArataくんは、このお仕事が大好き。
水を垂らし、こぼれているところを意識して、拭き残しがないよう気をつけながらタオルで拭いています。
このお仕事に取り組む前には、自分で水差しに水を入れて、こぼさないように慎重に…、慎重に、テーブルまで運んでいました。

 

拭き終わったら…


濡れたタオルを Clothes Line(物干し)に干し、Peg(洗濯バサミ)でしっかりと挟む。
干すところまで、しっかりとできました!

この教具でお仕事することで、「コントロール力、手腕の運動力、注意力」が養われます。

実生活の中で、
「飲み水をこぼす」、「蛇口の水を出し過ぎて床がびちゃびちゃになる」なんてこと、良くありますよね。そのような時、
「また、こぼして!」と言い、大人が必死に拭く…
ということが殆んどでしょう。(実際、その方が早いですよね…)
しかし、このようなことが起きた時、お子さん自身で「こぼしてしまった」→「どうしよう…」→「拭けばいい!!」と考えて取り組めたら、
「自主性、考える力(思考力)、自立心」も育っている証。

まさに「問題解決力」=’Trouble shooting skill’も備わっているのです。
そして、大人がやる必要がない上、イライラする必要もなくなります!(一石二鳥!!)

これらの力は、何かハプニングが起きた時に、突然、発揮されるわけではありません。

常々「経験」しておくことが大切です。
成長していく中で何か問題事に直面した時、これらの「経験」が実を結び、自ら考え、解決策を導き出し、「問題解決」できるようになるのです。
この「Water spilling and wiping」でのお仕事を通して、ひとつでも多くの「経験」を増やしてあげたいですね。
ご家庭でも、是非やってみて下さい。
Let’s try together!!

pagetop